心筋梗塞や癌は適正治療で改善しよう│病気改善サポートメント

免疫細胞治療とは

自分の細胞を使って治療をします

免疫細胞治療は、患者さんから採取した血液や血液成分から、治療に使う細胞を取り出し、薬剤で刺激を加えながら培養します。またその中から活性化した細胞を取り出し、点滴で患者さんへ投与する流れとなっております。免疫細胞治療の大きなメリットとして、自分自身の細胞を使いますので、副作用が少なく、熱が出たりするアレルギー反応が一部ありますが、重篤な副作用がないというのが大きなメリットとなっております。免疫細胞治療は、がん細胞が少ない時に行うのが効果的で、術後の転移の予防などに大変力を発揮しやすいと言われております。治療の過程で、抗がん剤を使いますが、抗がん剤の効果を阻害することなく、逆に効果が出るという事もあります。

免疫細胞治療のメリット

免疫細胞治療のメリットは、やはり自分の細胞を使いますので、重篤な副作用がなく抗がん剤などの薬の効き目を阻害することなく、逆に薬の効果を高める期待がるので、現在一つの治療方法として選ばれております。免疫細胞治療は、全てのがんに対応できますし、がんの進行を示すステージも関係ありませんので、幅広く使われております。早期の段階で使用しますと、優れた効果を発揮しますので、治療成績の向上にも大変期待あります。また、様々な薬剤などを併用して使うことで、より一層効果が期待できますので、患者さんの体調に合わせて、治療法の選択もできます。全てのがんに有効ですので、なるべく早い段階で使われると、いい結果が出てきます。