免疫を高める治療法 | 心筋梗塞や癌は適正治療で改善しよう│病気改善サポートメント

心筋梗塞や癌は適正治療で改善しよう│病気改善サポートメント

免疫を高める治療法

どんな治療なのか

免疫細胞療法とは、自分の免疫細胞でガンを攻撃する治療法です。自分の細胞を使うので、副作用がすくなくて済みます。免疫細胞療法は、患者さんにとって安心感の高い治療法です。また、早期のガンに対しても行える治療なので、進行ガンに対しても治療が続けやすくなります。 免疫細胞療法では、免疫力がガンの増殖力を上回るようにすることが大切です。そのために、患者さんから血液などを採取し、免疫細胞を取り出します。その免疫細胞を活性化させて、免疫力をさらに高めます。その後、それを患者さんに投与します。免疫細胞療法は、抗ガン剤等、他の治療と併用でき、他の治療の効果を妨げることがないばかりか、むしろ効果をあげることが期待できる治療法です。

免疫細胞療法の種類

免疫細胞療法には、いくつかの種類があります。 1つめは、DCワクチン療法で、樹状細胞ワクチン療法ともいいます。樹状細胞とは、ガンに対する攻撃を指示する細胞のことで、この細胞のはたらきを活性化させて、ガンを抑えます。 2つ目は、NK細胞療法です。リンパ球に含まれる、NK細胞と呼ばれる細胞を活性化させて、ガンを攻撃します。NK細胞は、ガンなどの異常な細胞を攻撃する細胞です。 他にも、ガンマ・デルタ細胞療法と呼ばれるものもあります。リンパ球の含まれるガンマ・デルタ細胞を活性化させて、ガンを攻撃するもので、他の細胞と同等の効果を得られます。 その他、アルファ・ベータ細胞療法やCLT療法など、様々な治療が確立されているのです。